のぼりと事故

のぼりは通行人や車のドライバーの目につきやすい場所に設置することで、交通事故防止にも役立っています。

のぼりの役割

のぼりと事故

のぼりとは布と竿を使用した長方形の旗のことを言います。

のぼりそのものの大きさや、布地の色、布に書く文字の大きさや色によっては、とても目立つのぼりを作成することができます。

作成したのぼりを人の目につきやすい場所に設置することで、多くの人々に一度に告知をすることが可能です。

その告知内容のひとつが交通事故防止です。

交通量の多い道路等の事故が発生しやすい場所に設置され、蛍光色等を使用した事故防止を訴えるのぼりが、通行人や車のドライバーの視界に入り、事故防止に役立てています。

設置されているのぼりに書かれている内容の例として、シートベルトの着用を訴えるもの、スピードを落とすことを訴えるもの、飲酒運転の防止を訴えるもの、道路の不用意な横断に注意を訴えるもの、等があります。

これらのことが書かれているのぼりを見て、自分の不注意な行動に気づく通行人やドライバーも多くいるため、事故防止に役立っています。

ただし、のぼりの設置場所には注意が必要で、通行人やドライバーの視界を邪魔するような場所には設置をしないようにすることが重要です。

視界を邪魔することなく、目に入りやすい場所を選んで設置することが事故防止に繋がります。