のぼりの設置場所

昔は主に戦等に使用されていたのぼりは、現代では大きさや形を変えながら戦場以外の様々な場所で設置されています。

のぼりの役割

のぼりの設置場所

現代で様々な場所に設置されているのぼりは、古くは邪馬台国の卑弥呼の時代から、戦等の戦いの時に使う軍用旗として使われていたのが起源だと考えられています。

戦等が起こることがない現代で使われているのぼりは、軍用旗としての役割は終え、別の役割を持って戦場以外の様々な場所に設置されています。

設置場所として挙げられる所には、神社・大相撲の開催場所・商店の店先・スポーツ等の観戦場所・選挙の演説会場等があります。

以上のような様々な場所で軍用旗として使われていた時代とは大きさや形を変えながら、のぼりは設置されています。

のぼりに書かれている内容は設置場所とその目的によって異なりますが、全ての場所に設置されているのぼりに共通していることは、その場にいる全ての人々に目立つようなのぼりを設置しているということです。

ただし、目立ってさえいればいいというものでもなく、周りの環境や景観を損ねるような目立ち過ぎるのぼりを設置してしまうと人の迷惑になります。

また、のぼりは大きさによっては倒れてしまったりすることで大きな事故は発生する可能性もあるので、周りにいる人々の迷惑にならないように安全を確保して設置することも重要です。