のぼりの歴史

現代でも様々な所で人々の役に立っているのぼりの歴史はとても長く、邪馬台国の時代でも使用されていたと言われています。

のぼりの役割

のぼりの歴史

現代でも、宣伝や広告や応援時等に使用されているのぼりですが、のぼりは大昔の邪馬台国の時代から存在していたとも言われています。

中国に伝わる魏志倭人伝の中には日本についての記載がありますが、その中で、のぼりのことを邪馬台国の卑弥呼に送られた戦いのための旗として記してあります。

日本書紀の中にも、のぼりが様々な儀式等の際に使用されたとの記があるため、大昔から存在していたと考えることができます。

戦国時代では主に戦時の軍用の旗としてのぼりは使用されてきました。

戦には敵と味方を合わせると何万もの兵が集まります。

そのような大混雑の中では、誰が誰だかを識別するのは困難なことが多かったようです。

そのため、識別ができずに味方同士で戦ってしまったり、敵の陣地に誤って入り込んでしまうこと等がないように、戦に参加している大将、雑兵、足軽等の全ての侍の個人個人を識別し、敵と味方を区別するためにそれぞれが馬印や旗印としてのぼりを使用して役立てていました。

このように使用されていたのぼりは、現代では宣伝や広告や応援等に使用されています。

現代での使われ方はみなさんもご存知だと思いますが、より深く知りたい方は、”アピールの定番・のぼり(http://contre-conference.net/)”というサイトも読んでみてください。

昔とは使用場所や目的は異なっていますが、今も昔ものぼりは様々な場面で人々の役に立っています。