のぼりとは

のぼりとは旗のことです。のぼりは戦で使用されていた軍用旗から由来し、現代では広告、宣伝、応援時等に使用されています。

のぼりの役割

のぼりとは

のぼりとは長方形の旗のことを言います。

日本古来から伝わるもので、長い竿と短い竿に布をくくりつけたものであり、一般的な寸法も決まっており、主に戦での軍用旗として、のぼりに大将の旗印等を掲げながら使用されていました。

しかし、時が経つにつれてのぼりの使われ方も変化し、現代に使用されているのぼりの寸法は、用途や設置場所によって様々に異なっていくようになりました。

平安時代から戦国時代にかけては、主に軍用旗として戦等で使用されていたのぼりでしたが、現代では主に広告・宣伝用や応援用として使用されています。

それぞれの用途に合わせた寸法で、人の目につきやすい大きさののぼりを製作し、使用しています。

戦ではのぼりによって敵と味方の判断をし、広告・宣伝用ののぼりでは多くの人々に商品やイベント等の告知をし、応援用ののぼりではのぼりを見せつけることによって応援したい相手に勇気を与えることができます。

戦の軍用旗としてののぼりや広告、宣伝、応援用ののぼりに共通して無くてはならない特徴は人の目につく目立ちやすいものであるということです。

人の目につきやすい大きさで、目立つ文字等が描かれていることがのぼりには重要なことです。